読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

誰かに銀行口座や口座名義を貸してはならない、例え友人であっても

セキュリティ ブログを書く動機や理由等 事件 人生の最適化 人間関係 価値観 友人 家族 教育 犯罪対策 生き方 大阪市

昔の例えば高校や大学時代の知り合いがいきなり訪ねてきた時は色々な意味で気を付けた方が良い。

普段から連絡を取っているのならまだ大丈夫かもしれないが、

ほんのたまに以下であるならば、
それはそれで背筋の凍る恐ろしい事件の幕開けになるかもしれないのだから。


前の会社で大変お世話になった先輩が以前居た会社での話らしいが、
既婚者のmさんが居たとする。

舞台は大阪府だった。

mさんの元に高校時代の友人が連絡してきたらしい。

どうもmさんの銀行口座か名義を貸してほしいと言ってきたそうだ。

その人は人が良かったのかすんなりと貸してしまったそうだ。

友達も多く楽しい高校生活だったためか、疑うことすらせずに。

そもそも銀行口座を貸す事自体がアウトなのだけど。

進学校出身なのに気付かなかったのか?

そして、

何日か経過してからのある日mさんの家に京都か大阪の府警が来たそうだ。

振り込め詐欺関係の捜査でmさんにも事情を尋ねに来たらしい。

尋ねにきたというより、あまり良い目では見ていない状態だったのではないだろうか。

mさんの友人がどうなかったかは分からないけど、
mさんの家でも色々と騒ぎになったそうだ。

家庭という守るモノを持っている身の彼からしたら心臓に優しい話ではないだろう。

結局、お咎めなしでmさんはどこかの会社でまだ働いているそうだ。

(多少フェイクは入れてますが、騒ぎになったことは事実です。)

多分、mさんに銀行口座を借りに来た時点で既にその「友人」さんとやらは、

mさんのことをもう金づる的な獲物として認識していたんじゃないかな。

普通、自分の学生時代の友人をそんな危険な目に気易く巻き込むなんて考えないでしょう?

まあ、普通じゃないからやったんだろうけど。

関西というか、大阪府振り込め詐欺も見た限りでは酷いね。
大阪府/特殊詐欺に注意!
2017/02/16 - 平成29年1月中の、大阪府内の特殊詐欺の認知件数は132件ととんでもない。

もしかするとその中のどれかから警察に見つかったのだろうか?

自分も昔住んでいた地方のある場所で学生時代同じクラスだった知り合いの親が覚せい剤で逮捕されたのを聞いているけど、

結構おかしなことが身近で起こっているんだと思うと気分が悪い。


普段連絡もろくにとっていない学生時代の知り合いがいきなり訪ねてきた時は用心した方が良いと思う。

お金を貸すのもダメだけど、銀行口座やその名義を貸してしまうのはアウトなので。

試しにインターネットで検索して調べてみたらいい。
無数にその事例が出てくるので。

色々とシステムが出来上がり、
非常に便利になってきたけど利便性と危険性が相互に比例関係にあると思う。

便利と危険もまた表裏一体の関係にあるのだ!
特殊詐欺撲滅を目指すサイト
大阪府警察 | 振り込め詐欺に気をつけて!!

広告を非表示にする