読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

ひたすら汗を流して良い状態へと近付く

ダイエットン(豚) ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 体力 体調 環境 生き方 継続

12月からジムに再び行きだし今に至るのだけど寒さが酷いためミストサウナとサウナに入り浸っている。

元々、汗を流しまくることなんて考えていなかった。

どちらかというとあまりに寒くて手足が酷く冷たいのが嫌で嫌でたまらなかったから暖かい所を探し求めていた。

サウナルームへの出入りを出入りを繰り返してきて徐々に体に変化が出てきた。

汗や老廃物をある程度排出しているためか肌ツヤと通常の感覚が良く感じてきたのだ。

狙っていたのは快適な場所で快適に過ごすことだったが、意外な副産物が出てきたということだ。

今までたまに気まぐれで入ることがあったけど、今の様に繰り返し入ってほぼ住人になっているケースはないと思う。

外で歩いたり走ったりして体を温める手段もあるのだけど、この寒さの中でやると温めるのに時間が掛かるのは分かり切っていたのでジムを選ぶことにしたのだ。

数年前に日雇いで出会ったある男性は、ジムを風呂代わりにしていたと言っていた。

ジムに来たからと行って常に無理に運動をする必要もないのだ。

この考え方は斬新だった。

常識を疑えというのはこういうことだったのか。

という訳でそれ以降は、多忙だったり疲労が激しければお風呂だけ使用する考え方で通っていたのだ。

そうやって考えると結構行くハードルも下がる。

完璧主義ではない故に完璧に休館日以外全てに通うことが出来るのだ。

良い意味での皮肉だ。

今年の3月はまだ春にしては酷く寒い。

これを書いている今も昨日と比較して気温がかなり低下している。

雨が降り始めたので尚更だ。

この調子だと4月も油断出来ない。

体を冷やさないでいつでも動けるようにして自分を良い状態に保つのが課題だ。

ここでもまともな環境で過ごすことで良い状態になることを常識にしないといけない。

まあ、痩せはしないけど。

また新しい明日が始まる。
hoyawaki.hatenadiary.jp

広告を非表示にする