読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

デジタルの無償の医療行為

このブログが凄い!! セキュリティ ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 価値観 勉強関係 教育 治験 生き方 環境

shijinblog.hatenablog.com
welqをはじめとするキュレーションサイトの台頭で台無しになっていたのだが、

2月3日頃にGoogleも自分達に矛先が来始めたことを懸念して検索エンジンアルゴリズムを変更したそうだ。

ただ、自分はあまり実感が湧かない。

丁度2月3日の節分の日だったので、welqをはじめとするキュレーションサイトを鬼となぞらえて厳しい評価を下したのだろうか?

まあ、やらかしている内容が鬼だったからね。

インターネット上の豆まきという意味合いで制裁を下したのかな。

そんなことはないか(笑)

Googleの社則の一つが「邪悪になるな」とどこかで聞いた。

今回のアルゴリズムの変更が邪悪から離れる手段の一つになっただろう。

そう信じたい。


無償の医療行為という言葉こそ当時は思ったことはないが、

僕が大学2、3年生の頃に実生活での心身の苦しみから救いを求めてGoogle検索エンジンを使って色々調べていたことがある。

高校時代のトラウマ、目が悪かったためレーシックの情報、両親との人間関係、友人だった者との絶縁の仕方、

アレルギー性鼻炎の治療法、不眠症への対応等である。

今、思い出して書き出してみるとなかなか当時は闇が深かったのだと思った。

2006、7年頃に調べまわっていたのだが、案外つい最近よりかは検索結果が良かったのだと思っている。

最近も検索エンジンアルゴリズムが変更されたのでまだ色々と苦しんでいる方達にとっては少し前進したように見える。

問題解決の内容を調べてからが本番で、今後は検索エンジンから妙なモノがトップに出てくる事態は無くなって欲しい。

無償の医療行為とは言っても心身に纏わる問題に関する内容だけでなく、

仕事や勉強、人間関係、狩猟、ITと多岐に渡る。


仕事が見つかる、進路を切り開けるという生きる上での心の治療にも繋がるかと思う。

物騒な事件が多発している世の中だが、こういう所から希望を見いだせる人が少しでも増えてくれたらと願ってやまない。

広告を非表示にする