読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

汗を掻きやすい癖を体につける

ダイエットン(豚) ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 体力 体調 価値観 教育 環境 継続

昔のように頻繁にサッカーや武道をしていた時代だと汗も頻繁に穴から溢れていたため自分でもあまり嫌な臭いを感じなかったが、

今の年齢になって普段はかかないであろう汗を特に夏にかくと結構臭い汗になる。

これがまた酷い。

ある時に派遣で引っ越し屋のバイトに参加していた時、

真夏だったのだが仕事が終わり帰宅すると家族から臭い、臭いと言われた記憶がある。

微かに自分でも臭いがおかしい自覚はあったが自分がその原因だとどうも嗅覚が麻痺すると思われる。

船員の仕事の無い時にしていたのだが、

ここ数年まともに運動をしていないこともあり発生する汗の質も相当悪化していたと思う。

摂取した食品の影響も受けるのだろうが、ある程度の頻度で汗を掻かないとこのように悲劇が起こるのだと気付いた。

例えば、頻繁にトレーニングされているサッカー選手の汗はサラサラしているらしい。

汗が普段から出ているから変なモノも溜まらずに排出出来ているのだろう。

そのことを母親から聞いた。

自分も昔、サッカーをしていた経験があるが確かに当時は今ほどにおいが酷くなかったと記憶している。

今はもう船員をやっていないので運動不足からは逃れられた。

季節が春へと向かい、気温が上昇してきているのでそろそろ汗を掻く季節が近付いている。

ジムで運動しているのだがそれよりも取り掛かる前にミストサウナで椅子に座り、

ある程度の汗を出してから動くようにしている。

やり方としては邪道なのだろうが、冬の期間だと体の冷えが忌々しいこともありやることにしていた。

ジムの色々な人からはこいつ、いつもミストサウナでじっとしているなと多分思われている。

寒いから離れたくないの。

汗の臭さは今は分からない。

ただ、明らかに肌ツヤが良好になってきている。

男性なのにこんなに肌がつるつるになっていいのかと思うほどだ。

肌ツヤが目当てではなかったのだけど、体のどの部位からもデトックスを実現出来るようにはなってきたようだ。

断捨離という言葉があるけど、

今している事は老廃物の断捨離「デトックス」なのだろう。

塩分を排出することに躍起になっていたが今後も気分はすっきりしそうだ。

広告を非表示にする