読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

ブログを書くということ

お金 ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 勉強関係 価値観 教育 物欲 継続

皆、それぞれ色々な想いがあって書いているかと思う。

自分の思考の整理、心の叫び、自己顕示欲、まだ見ぬ誰かとの意思疎通を希望して、お金を稼ぐため、誰かに何かを伝えたいと、

例を挙げればこんなにある。

ある人が言っていた「人は苦労をするとその事を誰かに伝えたくてたまらなくなる。」と。

これはよく聞く話だ。

ブログネタの一つになるだろう。

受験勉強や仕事と一緒で別に頑張る理由はなんだっていいと思う。

お金が欲しいから社会的地位が欲しいから医学部入学を考える人もいるだろうし、世の中を変えたいとか色々希望はあるかと思う。

ただ、あまりにも生々しい本音を曝け出してしまうと叩きに来る人も居るだろうから、

発信する機会があればどういえば良いかを考えて伝えた方が互いに安全だと思う。

自分の場合は心の叫びというか、インターネットに向けた壮大な独り言として認識している。

その先に見据えているのは昔の自分を助けたかったことなのかもしれない。

今ではあまり意識していないが。

実際のところ、活字を使用した精神的な自慰と何ら変わらない。

今後もあまり特定の読み手を意識して書くことはないだろう。

意識する場合もあるが。

積極的に誰かを傷付けるとか貶めるとかも考えてはいない。

そんなモノは何も生まない。

自分の書いている内容で誰かが勉強や仕事、運動でも考えたり調べたりする何らかのきっかけになってくれることがあれば幸いだ。

それで読んでいる誰かのパッションに火を付けて奮い立たせることだってあるだろう。

ただ、それを意識して書こうとするとやはり書けない。

思いつくままに打っていって後で加筆修正する方が短い経験上良い気がしている。

お金も衣食住が確保出来る範囲であればいい。

お世話になった「仕事の神様」も飯が食えたらそれで良いと常々言っておられた。

本当だと思う。

貯金が大いにこしたことはないけど。恒産なければ恒心なしだ。

生きていく上である程度のお金は必要だ。そこは間違いない。


これを書いている今は3月半ばで11年前の今頃に眼を取り返した。

今年の冬は思った以上に長い。

今日はやっと気温が上昇してきて外を出歩くのが億劫でなくなってきた。

難しいかもしれないけど自然体でブログを書こう。

案外、これは書けないなと感じている内容の方が外から見て面白いかもしれない。

思い切って前進してみることも大切なのだろうね。

広告を非表示にする