読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

飢えるのは嫌だが、それ以上に凍えるのはもっと嫌だ

ダイエットン(豚) ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 体力 体調 教育 松山市 環境 継続

一日休みになっていたら必ずと言っていいほどジムへ行き、
ミストサウナとサウナを入ったり出たりをして過ごすことが日課となっている。

もうそこの住人認定されている可能性が高い。

もし今後、都会近くで暮らすことになったらこんなことができるのだろうか?

家が近ければ良いのだけど。

家がジムとより近ければトレーニング出来る確率も自ずと上がるからだ。

しばらく汗の出る穴を強引にこじ開けることをしてきたのだけどいい感じで汗を掻く習慣が出来てきた。

頭部から流れ出る汗がたまに口に入ってしまうのだがしょっぱかった。

どの位の塩分が体内から排出されているのか分からないのだが、
最近部屋に居ても気分が良い。

気付かない間にデトックスまで実現して神経が正常になっているのだろうか?

多少は体内から有害物質が排出されていることを期待したい。

元々寒さの熾烈な12月から今の時期をどう生きるかを考えるに考えて思いついたのが、
サウナに入り浸るということだった。

一日与えられればジムに一日に二度行くことにしている。

暇人と言われても構わない。

だって寒くて辛いのだもの。

他人からすれば奇異に映るだろうが寒さを乗り切る対策としては有効だから、
気にする必要は全く感じていない。

凍えながらありあまる時間を不快な状態で過ごすことの方が問題だ。

時間やお金だけ有ってもダメだ。

それを上手く使わないと。

幸い今日に当たっては非常にありがたいことに気温が上昇してきてくれたので本当に嬉しい。

冷えは万病の元というが、
自分にとっては勉強や仕事をする際の妨害者としての面が強いのだ。

寒さが厳しい時は本当に動けなかった。

春、夏、秋のある程度気温が動くのに困らない季節での時間は大切にした方がいい。

そう思わせるほどの冬だった。

時間があっても自分が動けないなら時間がないのと殆ど同じだ。

イソップ物語のアリとキリギリスの話は今の時代でも内容は充分当てはまるのだと痛感した冬の終わりであった。

既に春なのだけど。

広告を非表示にする