読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

今更ながら化学の勉強

ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 価値観 勉強関係 教育 理系科目 継続 読書

他にすることや考えることも多いため、テキストを齧る程度になるかもしれない。

受験生時代は数学が完成しないと理科に手を付けることがあかん的な考えがあったので、

実はあまり理科をガチで勉強出来なかった辛い過去がある。

今あるのは多少基礎的なことでもとりあえず本を読んで理解しておきたいなという気持ちだ。

自分で勝手にルートを作ったが高校時代の自分にも教えてあげたいくらいだ。

教科書は分かりにくいので以下のテキストが適切だと思った。
岡野の化学が初歩からしっかり身につく 「理論化学(1)」あと無機・有機化学、理論化学2・有機化学2の3冊がある。
Amazon CAPTCHA

浪人時代にこの先生の講義をビデオで受けたことがある。

予備校の先生にあまり見えないが分かりやすいし、テキストも初学者向けで適切だと思う。
ameblo.jp

後は、鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ) 、

同じような本である無機化学有機化学を読んで本の内容を理解していけば良いと思う。

読んで例題をやってきたまではいいが、
それだと演習不足なのでアウトプットというか解法をストックしていくことになる。
(戦いながら勘を磨くというか。)

化学(化学基礎・化学)入門問題精講 改訂版:著者が同じなのでこのまま接続していける。

次に、化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版や化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 五訂版に進んでいけば良いと思う。

珍しく最初から最後まで著者が同じなのであまりつなぎに違和感がないと思われる。

人によって手をつけるべき参考書や問題集の癖、好みは分かれるので絶対合うとは言えない。
だから、それぞれ合うのを見つけていくしかない。

河合でも駿台でも何でもいい。

アマゾンのレビューを話半分で読みまくって、
ジュンク堂のような書店で立ち読みしまくって購入して使用するかを真剣に検討された方がいい。

上記では自分が手を付けるのには良いなと感じたテキストを列挙したけど、

このサイトは凄い。

物理のことも書いてあるので参考にされる方は是非どうぞ。

化学の参考書についても書かれていてたいへんためになる。
自分の受験生時代にもあればと悔やむ程だ。
www.yukihy.com

予備校の講座一つで確か7~8万円だったと思う。

バカみたいに高いし、あまり頭に残らないのではと思ってしまう。

参考書学習ならその範囲の金額以下でかなり賄えるので、
これからの受験生や親御さんには是非とも確認していただきたい。

化学が今後どのように役に立っていくか分からないけど、
昔話した化学教師曰く、美容師にも必要な知識らしい。

ある本には医師にも勿論必要だとあった。

どちらも薬品と関わる仕事だから。

理系の内容はお金になる確率が高いけれど、

そればかり目を向けないで好奇心とかも大切にしていきたい。

自分の場合はDoシリーズだけで終わる確率が高いけど。

これくらいは勉強してから年をとっていきたいのだ。

広告を非表示にする