読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

生きる上で面倒くさいと感じるのはまともな証拠

ダイエットン(豚) ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 体力 体調 価値観 家族 彼女との生活 教育 継続 環境

何故そう感じるのかというと1人暮らしをしていて自分で色々とやっているから。

他に考え事をしていると洗濯+干すことや掃除機掛けすら億劫になるが。

普通に生活していて食事、トイレ、お風呂、勉強や仕事だけでも充分大変だと思う。

体調もいつも良好だとは限らないし、本や書類が部屋に増えてうんざりすることもある。(自分で増やしたのだけど。)

1人暮らしをしているとこの点には物凄く関心がいく。

自分はある本を読んでこう考えるようになった。(今でしょの方だ)

面倒くさい事実は知っているが、極端な形を考えあまり掃除をしないとかゴミを減らすだとかの対策は考え実践している。

試験や仕事を抱えるとどうしてもどこかで生活の中での面倒くささとの折り合いをつけなければならない。

それでどこかでバランスを弄って極端な形に変形させることにしている。

まあ面倒くさいといえばそれまでだが、必要性を感じたら結局は腰をあげて何かやりだすのでそんなに気にしていない。

他の多くの人もそうだろう。

昨年秋は1人で寝ようとしている時に近所でとんでもない乱闘が発生したため、

その罵声で布団に入り損なったがそのまま愛媛県警に電話して通報をした。

いたずら電話ではなかったのでその後に自分が問われることはなかった。当然だ。

当時は周囲の野次馬に混じって事件を眺めていたが、まさか地方都市のしかも自分の部屋のすぐ近くで

新宿歌舞伎町や大阪市西成区のような乱闘まがいが発生するとは思っても居なかったので今でも驚いている。

普段の生活の中でも色々と面倒くさいことだらけを感じているが、

このようにイレギュラーな面倒くさいもたまに入り込んでくるので面倒くさいはまだ沢山あると達観した方が不幸にはならないように見える。

日々、暮らしていて面倒くさいと感じていない人の方が寧ろまずいのではないか?

それは例えば親と同居していて親がなんでもしてくれているからとかが理由なのかもしれない。

生きる上で面倒くさいとか自腹を切る時の金銭に関する痛みを知ることは自分はまともな人生を送るのに欠かせないと思っている。

まあ、まともというか正常な人生なのだろうか。

自分で考えてやっているからこそ感じる感覚なのである。

親と同居しているとどうしてもこの感覚を感じることは難しくなるので。

それでも自分で色々されている人はいるかと思うが。

面倒くささを体感することもどこかで必要になってくる筈だ。

それは怪我をすれば痛みを感じることに近い感覚だ。

medianow.jp

広告を非表示にする