読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

生活の最適化

このブログが凄い!! ダイエットン(豚) ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 価値観 家族 彼女との生活 教育 恐怖のいらない物シリーズ 物欲

生活の最適化なんて大層な言葉を使ってはいるが要はあまりモノや人に囲まれ過ぎないで身軽な人生を送れるようにと思って書き出した。

既に家や車を購入している人には申し訳ないが、自分にとっては自分を縛るモノと見ているのでもう関心すら持っていない。

都会で暮らすならば尚更だが。

生きる上での機動力の方が優先順位が遥かに高い。

少なくとも自分にとってはそうだ。

街中や仕事場、ジム等になるべく近い所で生活をするというのもまた生活の最適化の一環である。

これは疲労が酷い時や雨天時にかなり影響してくる。

季節が冬になれば更に影響が大きくなる。

東京や大阪となるとなかなか難しいが、時間が有限なのもまた真理なのでなんとか折り合いをつけて生活したいところだ。


室内だとミニマリストになることは無くても、殆ど荷物を置かないで見やすい空間を作ることが必要かなと見ている。

これは仕事場でもそうなのだが、何か必要なモノをいちいち探さないといけないという事態を避けたいのがある。

短時間でも探していることが意外とストレスになるし、積み重なると意外と良くない。

極力一目で解決するというのが理想的だ。

お世話になった「仕事の神様」もモノを探さないようにする環境作りの大切さを常々語っていた。

そして、その環境作りが出来ている人の多くが仕事の出来る方だとも言っていた。

あとは殆どモノを置かないようにして空間に余裕を持たせるとか、室内を動き回りやすくするのが狙いだとかがある。

お金も時間も空間も余裕があった方が見栄えが良い。

何事も余裕があるから良い事が待っているのかもしれない。

頻繁に通行する箇所にモノを置かないのはセオリーだ。

いちいち避けるのがまずバカらしい。

かなりストレスになると思う。

それが平気な人もいるのだろうが、誰かと同居する時はその点の価値観が同じ人と一緒になることを強くオススメする。

じゃないとそれが発端で多分後で揉めるから。

同棲からの争いもかなり厄介だ。

happypio.com
ike-jun.jp
人それぞれ価値観が違うかと思うのでどうすればうまく動けるかを日々考えて、試して行動を更新していくしかないと思う。

100人いれば、100パターン以上あると見ていい。

これもまた手段であり目的ではない。

自分を良い状態に保って勉強や仕事、スポーツで良い成果をあげるのだ!

広告を非表示にする