読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

仕事では仕事以外の波長も大切

人間関係 価値観 勉強関係 教育 環境

president.jp

自分と会社の社風が合っていないというのも原因だろうし、頭の中で同僚を格下と見なすのは別に構わないがそうこうしている内に行動面で同僚に抜かれてしまったのではないだろうか。

もしかすると、イソップ物語のうさぎと亀みたいなことになっているのかもしれない。

それの人間Ver.である。

後は自分が頭の中で密かに同僚達の事を見下しているのがなんとなく周囲にばれて、その人達から自分が気付かないうちに情報共有が出来なくなっていたとか。

面白いもので自分が圧倒的に敵わない相手に負けると大体諦めがつくのだが、

自分が格下と見なしている相手が何らかの成果をあげたり、出世したり自分が負けることになると結構、頭の整理がつかなくなる。

学生の勉強やスポーツでも似たような考え方があると思う。

こんな奴に負けるなんてと。

周囲と話が合わないのもある意味仕方がないが、自分から多少は合わせていくようにした方が良いと思う。

どうしても合わない、合わせたくないのなら仕方がないが徐々に会社に居場所が無くなることも考えないといけない。

怖い話だが、コミュニケーションの大切さはここでも出てくる。

これ以上いたら自分の神経が持たないと言うのなら転職も検討して極力ストレスのない職場を探した方が懸命だと思う。

自分も以前の職場では周囲の人の多くが娯楽をパチンコか酒を飲んでたちの悪い絡みをしていた環境だったので、

冒頭のリンクのKさん36歳が少しだけ不憫に思えた。

就職はさいころ転がしみたいな側面もあるので。

広告を非表示にする