読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

笑ってごまかすのはやめよう

ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 教育 環境

タイトルで終了している。


笑ってごまかすのは個人的に結構危険だと見ているからだ。

普段からまともな信用関係があればいいのだが、徐々に人間関係が壊れている中でしてしまうと命取りになる可能性を秘めている。

このことについて考えるようになったのは、あるバイト先での「特殊な店長」の話を聞いてからだった。

その方曰く、日本人の悪い癖だそうだ。

因みにこの方、おそらく退職しているかと思う。

色々な企業で物凄い働き方をしてきてヘッドハンティングされまくってきたと自分で言っていたので。

当時は今の自分よりも年上だったが、独身だったためか身軽で物凄い働き方をしていた。

あの働き方は独身じゃないと多分無理だ。それ程、凄まじい動きで自分は付いていけなかった。良い思い出にはなったけれど。

アメリカへ行っていたこともあるそうで彼方の滞在した場所ではどうも笑ってごまかすというのはタブー的なようであった。

本人から聞いた話なので完全に正しいかは分からないが、自分も誰かに笑ってごまかされて非常に不愉快な思いをしたことがあるため少しだけ理解出来た気がした。

笑ったらマズい状況で笑うのも良くないがごまかすというのがあるから尚更事態を悪くするのだろう。

とはいえ、何か問題があれば誰でもあまり表に出したくはないだろうし上司へ報告することも躊躇うかと思う。

だが、悪いこと程早く伝えないと傷が大きくなりやがて取り返しがつかなくなるおそれがあるので早めにリカバリーすることを考えた方が良い。

上司の方も舐められてはいけないけど、部下が報告や相談がしやすい空気を作っておいた方が良いようにも思う。

これも人によるからどれが正しいかは分からない。

ただ、一つ言えるのは傷は色々な所でできる可能性があるので常にリカバリーのことを念頭に置いた方が無難だし、

色々な情報が飛び交うような環境作りにした方がお互い幸せになるかと思う。

コミュニケーションコストという言葉がある。

サイボウズ式でもコラムの題材にされているが、あらゆる環境で意外と猛威を振るっているようにも思える。

cybozushiki.cybozu.co.jp

これは報連相やリカバリーにも大いに影響してくる重要な内容だ。

船やIT系の業界に限定されずにあらゆる世界で今後ますます影響してくることだと思う。

人間関係が絡んでくるだけに今後ますます無視できない重要な内容になる筈だ。

どんなに技術が発達して環境が変化したとしても、人と人とのやり取りの重要性が消えることは無い。

コミュニケーションコストもそうだが、コミュニケーションと名の付くモノ全てにますます注目がいくだろう。

広告を非表示にする