読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

強制しないでするように仕向ける方が理想的 心の中の天邪鬼との付き合い方

ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 体調 勉強関係 家族 教育 松山市 継続

勉強しなさいと親が無駄にうるさい家庭は確かにヤバいと思う。

就活しろとどこかの先生が叫ぶのもそれと同時にかなりヤバいと思う。


何故か?

僕は人間の殆どには心の中に天邪鬼が住み着いて、
時に宿主に外からの働きと正反対のことをするように仕向けているように思っているからだ。

実際には鬼の様な容姿をしているわけでもなく伝説の様な存在だと見ているけど、

誰しも親や先生に「何か」を強制されると特に理由もなく嫌だなーと感じるのではないか?

嫌だなーと感じる気持ち自体どうしようもない。

ただ、事実を言えば勉強も就活もしなければならない。

しなくても生きていけるかもしれないが生きていく上での選択肢はすれば広くなるだろうからしたほうがいい。

でも、なかなか変わらないのが人間の哀しい性だと思う。

自分にとって「何か」物凄く大切なモノを失った場合に人は真剣に調べ、考え、思考や行動が変わるらしい。

その「何か」がなんなのかは誰にも分からない。

でも、失ってしまったら、その点に関しては二度と取り返しは付かないだろう。

自分が例え生きていたとしても心の何処かにしこりを残したままで生き続けることになる。

自分の場合は、それを高校卒業時に理解し始めた。

勉強が全く出来なかったので「時間」という貴重なモノを失い、
気付き知ろうとして真剣に考え、理解するようにはしてきた。

命は確かに今もあるが当時の時間は卒業した時点でもうなかったのだ。

二度と返ってくることもない。

かといって心の中の天邪鬼のせいにも出来ない。

言えば此方がただのおかしい人になるからね。

出来れば物事の大切さを知りたければ、失うことから始めてみても良いかと思うが
代償があまりにも大きい場合も少なくないのでそこはしっかり考えて欲しいと思う。

自分の人生の中で試すことが許されるフェーズがあるかと思うが、
その時に色々と出来たら良いと思う。

今では本もインターネットも随分と充実しているし。

要領よく生きれたらその方が間違いなくいいのだけど、
考えたり工夫することを端折るのはバカへの道まっしぐらだ。

その思考と試行する手間は惜しまないで欲しいし、
自分自身もまだ人生が続くのでその手間には時間と労力を出来るだけ注ぎたい。


子供に勉強する癖をつけさせるってので考えみたのが、

親が子供の目の前で読書や自分の資格試験の勉強をするところを自然な状態で見せつける方が手っ取り早いかと思う。

悪い例で言えば、自分の親がおかしいことをしているところを見て育った子供もほぼそのコピーになってしまうという話を聞いたが、

DVやパチンコをしているところはやはり見せない以前にしない方がいいだろう。

色々と事情もあるから難しいと思うが、自分が仕事や勉強しているところを上手く見せて彼らの脳みそのメモリーに徐々に刻んでいくのが一番良いと思う。

スマホを使っているところもあまり見せない方が良いと思うが。

スマホ弄りの癖の被害は後々、意外と大きいのだ。

「仕向ける」という言葉だけでみると何だかいやらしいが、
前向きな意味を後に考えておけば意外と悪くないかと思う。


心の中の天邪鬼と折り合いをつけてなんとか生活していきたいものだが。