読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

体調あっての心 生きていく上での「切り札」

人生の最適化 ダイエットン(豚) ブログを書く動機や理由等 人間関係 体調 体力 勉強関係 家族 教育 環境 継続

体調と精神状況がリンクしているとよく感じる。特に最近は。


普段、耳にしている言葉や誰かの発言も心に勿論良くも悪くも影響するが、

体調面から精神面にも勿論ちゃんと良くも悪くも影響はいくように人間の体は出来ているように今朝強く感じた。

昨日は時間が空いていたのと、日中の気温がそれなりに冷えていたこともあり
昼間と閉館間際にジムへ行き、やはりサウナとプール、大浴場を味わってきた。

その分、スマホをいじる時間を削減しているので割と建設的な過ごし方が出来ているかなと自分では思っている。

サウナでは痩せることははなから期待していないが、
それなりに全身から汗が流れ出て塩やアルコールが排出されていることはほぼ間違いない。

嫌でも時々、頭頂部から流れ出る汗が口の中に入り、
汗の中に塩分がそれなりにあることが間違いない事を嫌でも感じさせる。

なんというかほんの少しだけ体が軽く感じるのと、肌がすべすべになった感じもするのだ。

神経の周囲にある有害物質も出て行ってくれているのかもしれない。


今までこんなに頻繁に通い、サウナや大浴場のことを考えたことが無かったがあまりにも寒い季節で、且つ、手足が生きている人間の体温でもないと思うようになり

どうすれば日々、自分が快適に過ごせるかを考え続けた結果の一つが今である。

朝の10時から空いているため、それはそれで助かるし、まあ融通が利く。

体調が良いことは当たり前ではないのだけど、
それが常識となっていないと勉強と仕事も本当にやりにくというより出来ない。

これは言い過ぎなことではない。

今では既にレーシックを受けているため、
両目もそれなりに見えて遠くから来る車のドライバーや乗客まで見えるようになってしまった。

眼が治るまではドライアイと乱視が最悪だったこともあり本当に無駄で最悪な時間を過ごしていた。

しなくても良い我慢をしていて多くの時間を失ったのだ。

高校時代の最後の年の3月なんかサッカーの合宿で咳や痰が異常なのに何も言わず参加し続けたのだが、

アレは本当に異常だった。
最終的には明らかに素人目に見てもおかしかったので病院に行ってみたら「肺炎」の一歩手前だと医者に怒られた。

結局、練習には参加出来なくなりメンバーでもなかったが命を取る選択をしたので後悔はしていない。

僕の人生だからいいのだ。

自分で調べ、考え、判断した。ただそれだけのこと。

体調が悪い中で無理して何かして成果を上げた事なんてなかったし、
外でお偉いさんがそれと逆のコメントをしていれば話を合わせるだけだ。

無理して何かを成し遂げるとすれば、それは奥の手だ。

普段からそう気易く使う技じゃない。

切り札なのだ。

ある本で読んだのだが、英単語にhandsomeというのがある。

このかたまりで読む時はdを発音しないが、分けるとようやく発音することが出来る。

語源がhand(手に) some(何か)ある人という意味らしい。
これはどうやら切り札を意味するようだ。

有事の際はどうにかして対応しきれるのか?

その切り札があるとしたらそれは自分の体調、体力だ。
人によってはお金、人脈、知識と知恵(情報かな?)、信用信頼が該当してくるかと思う。

いざという時に自分が動いて何かできる「切り札」を持っているかが大切になってくる。


「切り札」を持っているから心に余裕を持って笑顔で居られる。

広告を非表示にする