読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

悲しみを繰り返し、僕らは何処に行くのだろう?

このブログが凄い!! ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 勉強関係 大阪市 教育 継続

ike-jun.jp

6日の昼間にスマホでこの記事を読んでドキッとした。

僕の浪人、大学生、社会人時代の全ての時代でかなり当てはまることを見事に言い当てられたような気分になり動揺した。

だが、
自分で今までそうじゃないかとも何となく感じていたので腑に落ちた気もした。

上記の記事は、特に試験や就職活動を控えている方に是非読んで欲しい。

「寂しさ」から来る流れが腑に落ちる形で理解出来ると思う。

早くて中学生からでも読んで欲しい。


気付く時期が早ければ早いほど、
気付いて行動した人の人生は実り豊かな人生となる筈だ。



ike-jun.jp

残念ながら人と自分を比べても自分の知識は増えないし、
試験や他の試練を突破することは出来ない。

今では例えばある女性が友人か知り合いのFacebookで結婚や出産を知ったとして色々と思うところが出てくると思うが、

もう見ない方が良い。

男女関係にしろ、
勉強や仕事にしろ基本的に人間は自分の状態が上手くいっていないと仲間?の不幸を願ってしまう性質も持っている。

だが、そんなことは結局は誰も幸せにしない。

人と比べる事の虚しさを知っておけば、
無理に人を見ようとも思わないし池田さんのいう無愛想に生きるという形で冷静に眺めてみてもいいと思う。

あとは、現状の自分がださい自分であれば、
その「ださい自分」を自分自身が受け入れてあげるという優しさを自分で持った方が不幸にはならないだろう。

自分を幸せに出来るのは自分だけだ。

自分しか自分のコンディションが分からないのだから。


ike-jun.jp

LINEが無かった時代だとメールか電話で失敗した人が多かったのだろうね。

この記事も早い段階だと中学生から読んで恋愛や心の在り方を考える良い教材になると感じたよ。

どんなに技術が発達して便利になっても、
それだからこそ人の心の在り方が大切だと思わされる記事の連続だった。

ITも一緒だと思う。

最後に扱うのは人間自身だ。


ブログを読んでいるとイケジムにますます行きたくなるな。

今年は果たして大阪に行けるのだろうか。


そういえば、
自分もかつて大阪府堺市に住んでいたこともあるが記憶はあまりない。



因みに、しんひのだいって場所でした。

広告を非表示にする