読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

今年の目標の一つ(食事と筋トレ編)

ダイエットン(豚) ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 体力 体調 教育 継続

食べたくないのなら無理して食べない。

腹八分目を忠実に守る。

あと、意外と見過ごされがちな事なのだけど、自分以外の人に食事の質や量を押し付けない、強要しないということ。

コレ、気易くやると意外と恨まれます。誰も幸せになりません。

今年に限った話ではないが、意外と守ることが難しい難題。

特に飲み会では守ることが難しいとされている。



朝は、コーヒー、紅茶、お茶、適度な量のフルグラ

昼は、蕎麦か何らかの定食

夜は、出来る限り炭水化物を避けて野菜をうまく調理した料理かカット野菜、プロテインで賄う


だろうか。

普段からラーメン等は今年から避けて誰かと会う時に多少油の入った食事を考えたい。

スポーツも勉強も仕事も知識や情報、テクニック等にどうしても目がいってしまうが、

本当に必要なのは食事の絡んだ生活スタイルだと見ている。

人間は自分の心と体の状態が良くないとお金があっても、時間があっても幸せにはなれない。

こんなこと、どこぞのお偉いさんが既に発言されていることだと思うが意外と実践している人、成果を上げている人は少ないかと思う。

当たり前のこと自体、既に当たり前ではないのだ。



twitter.com

最近この方の本を一冊購入して読んでいる。

言っては悪いのだが、自分同様の相当の変人だと思う。

しかし、筋トレは此方も賛成だ。

今はジムで水泳位しかしていないが、今年度は更にきついのを考えている。

fateギルガメッシュの様な上半身が理想だ。

腹筋を鋼鉄にするのは勿論だが、肩と上腕二頭筋も似たコンディションには変えたい。

今でもあるのだが、イマイチ物足りない。

この方の提唱されている栄養学と筋トレの大切さは保健体育に早く組み込んだ方が良いと思うのだ。


自分が生きていて怒り狂う時に筋トレをするのもよいだろう。

「この体を破壊してやる!!」なんて気持ちを持ってやるのもよいかもしれない。


破壊と再生は紙一重なのだ。

広告を非表示にする