読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

風邪を引いたら迷わず休もう-変な時に無理をすれば失うモノは多い

ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 人間関係 体力 体調 家族 教育 環境 雑記

職業訓練最終日であった2016年12日29日の朝には自分の体に異変が起こっていることを自覚していた。

最終日は家にマスクが無かったために慌てて近くのファミマでマスクを買い、
装備して年度最後の講義に取り組んだのだが喉が徐々に痛くなり感覚が狂ってくる。

このままいけば年末辺りで色々と面倒くさいのは容易に予想が出来たが休むわけにはいかなかった。

その後はどうしてもジムへ行きたかったので準備体操をせずに水の中をひたすら歩き、
平泳ぎを幾らかして負荷をかけた。

大浴場とその後に今年最後の道後温泉ということで、
入り納めを意識して道後温泉椿館を数分堪能し家に戻り松山市駅から梅田行のバスで発車したのであった。

道後温泉で浸かっていた時間はおそらく自分のアパートから温泉へ向かっている時間よりかなり短かった筈だ。

今年最後の温泉だから無理をしてでも入りたかったのだ。


30,31,1と殆どを親のマンションで過ごしていた。

久し振りに家族5人揃い色々としょうもない話をして食事をして楽しんだ。

たまにこのように家族で揃うのも悪くないなと上から目線で言ってみる。

殆ど外出せずに室内に居たためか、
大して悪化はしなかったが時々襲ってくる頭痛、寒気、倦怠感で実際のところはフラフラしていた。

これは何かあるなと。


昨日の2日にララポート和泉のボーリングに行くことになったのだが、
車の中で猛烈な吐き気と腹痛に襲われ施設のトイレに籠りっきりで動くことが出来なかった。

粗相はしていなかったが、今思えば家で休んでおいた方が無難だったと反省している。

結局、昼飯を食わずに母親と車の中で待機していたが。

車の中ではひたすら寝て起きてを繰り返していた。

腹痛よりも頭痛の方がたちが悪かった。

学校でも仕事でも休む必要がある時はやはり休むべきだ。

周囲に感染させるおそれもあるがそれ以上に、
色々な意味で周囲に損害や迷惑をかける可能性が出てくる。

あと、そんなに無理をしたところで実は長い目で見て失うモノの方が多い。

人によっては鬱病になる人も出てくるかもしれない。


死んだらそれまでなんでな。

残された者達にも色々と考えさせてしまう。


ふと高校二年生の終盤のサッカー合宿の時に無理をしていた時の事を思い出した。

だんだんと咳や痰の色がおかしくなり、
寒気が日々悪化している中で雨だろうが風が強かろうが無駄に参加し続けていたのだ。

ふらふらしていたら当時のアホキャプテンにどつかれたがw

素人の考えながら異常を感じていたため、
病院に行けば院長先生から「肺炎」の一歩手前だと呆れられた。

その後は大して試合に出してもらえないのを覚悟して休みを頂いたが別に後悔していない。

死んだらそこまでなんでね。


無理というのは頻繁にするものではない。

ロックマンのE缶みたいなものだ。

奥の手なんだ。

普段から奥の手なんて使っていたら、
もうそれは奥の手ではない。

ただ、
無理をすることが出来るように自分で環境や体力、経済力を整えることは出来るだろうからそれは各々人が自分で試行し、確立していけたら楽しい人生になるかと思う。

広告を非表示にする