読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

自壊しかけているキュレーションサイトに思うこと(コアキメイル・キュレーション)

事件 人間関係 勉強関係 ブログを書く動機や理由等 教育 恐怖のいらない物シリーズ 犯罪対策

ある方はこう言うかもしれない。

お~い、キュレーションサイト! 息してるか~!?

※此方がフリーライファーさんの記事です。

www.bloglifer.net
www.bloglifer.net
www.bloglifer.net
www.bloglifer.net

※此方がshijinさんの記事です。

shijinblog.hatenablog.com
shijinblog.hatenablog.com

※此方が29歳コンサルタント女子さんの記事です。

mecchanikukyu.hatenablog.com

上記のブログに掲載されている記事からiemowelqの事を知り、
最近ではヤフーニュースでも割と頻繁に見かけるようになっていた。

今回は医学関連の情報で人の命に関わるからそこを切り口に話が広がったのだろうか。


上記の複数リンクからのブログ内容で2014に読んだあるブログの事を思い出した。

dennou-kurage.hatenablog.com

社畜ブログの日野暎太郎さんの上記の記事だ。この時期に既に日野さんが懸念されていたのだろう。

以前から脱社畜ブログのことを知ってから面白いブログなのでずっと読んでいたが、

上記記事のことは初めて見かけた時はゴミ情報はダメだよなという気持ちでしかなかったが今思うと

問題は、この時より前から始まっていたのだ。

ネットのゴミ医学情報がどうやって出てくるか?

Googleの検索アルゴリズムの未来について論じるもの出もあったと思う。

単純にパクリがいけないといえばそうなのだが、
人の人生や命に影響を与える事もあることを考慮して書いていたのかは相当疑わしい。

詐欺に似ている点も見逃せない。

起業も儲けたいからとはいえ、このようなことをやりだしたらもうお終いだな。

この会社のこともそうだが、一度インターネット上にこのような記事が溢れ出たら二度と消すことは出来ない。

似ている点は直接人を斬りつけたり暴行を加える類の事でもないため、
やらかした先の事に対して罪悪感も責任感も希薄になりがちだろう。

今後もパクリを続ける人や新しく始める人は絶えないかもしれないが、
ここでも知らなかったでは済まされないという事があることは知っておきたい。

人殺しと同じでダメなものはダメ、
とにかくダメだという考えが世の中に浸透すればもう少しマシになるかもしれないけど現実は残酷だ。

道徳的な観点からもオリジナルを書いた人の経験や時間を奪い、
蹂躙するという事も人として想像力を働かせて考えた方が良いと思う。

最後にはやらかした人間も不幸になるかもしれない。

誰も幸せにならないだろう。

headlines.yahoo.co.jp
やはり、独自に日本に制裁をしたようだ。
色々と噂されていたけど。


お金は大切だけど、
そのお金がどうやって自分の下にやってくるのかを考えることも大切だよね。