読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

振り返ってみた2016-6つ目-色々な人が居なくなった西暦、死を改めて意識した西暦

お金 ブログを書く動機や理由等 人間関係 体力 体調 勉強関係 友人 家族 大阪市 教育 松山市 環境 親子関係

前の職場でお世話になった上司が亡くなった。

典型的な九州男児だった。

割と報告、相談がしやすい方でなんやかんや構って貰ってコミュニケーションコストの低い方だった。

怒られることも多かったが、あまり陰口を叩く人ではなく優しい人だったと思う。

個人的には物凄く仕事がしやすく、この人の為なら多少無理しても仕事を頑張ろう(人によって態度を変えてはいけません。)と思う事すらあった。

普段から病を抱えていて、アンドーナツや日本酒、チキンラーメン等を頻繁に口にしていたが僕も懸念していた。

しかし、おつかいを頼まれた以上やはり断ることは出来ない。

問題もなくはなかったが昨年あの人の下で仕事をさせて頂いて光栄でした。

あと、仕事なのに楽しかったです。

稚拙な表現だけどこんなことしか言えない。

自分の立場上、見舞いや葬式には行けなかったけど頂いた作業用のつなぎは形見として大切にとっておきます。

僕の宝物になりました。

僕が死んだら棺桶に入れてもらおうかと思っています。


乗船中に父方の祖父が亡くなった。

戦争経験者で帰国後は自衛隊で教官まで勤められた方だった。

定年を迎えた後は田舎で家を建てて、畑仕事をされていた。

口数の少ない人だったけど、学歴は中学校までの人だったが自分でよく本やテレビ、ラジオで勉強をされていた博学で向学心旺盛な方だった。

住んでいた田舎では唯一、戦時中の事を知っている生き証人として色々な所で話をしたり献血で社会貢献もされていた。

幼少時に僕が畑を荒らして水をかけられて泣いたのは良い思い出だ。

晩年は目が見えないことで随分と苦しまれたそうだ。

色々な大学の医学研究所を訪ねて治験のようなものを片っ端から探されたそうだ。

本を読むことの出来ない、ただ生きているだけの生活が物凄く辛かったのだろう。

僕も2006年の3月中頃に東京でレーシックを受けるまで絶望していた。

大学の研究所でも高齢の人相手だと結果がどうなるか分からないし、あまり成果が見込めないのだと敬遠する傾向にある。

当然といえば当然だが、祖父の目に対する執着心は僕には少しだけ分かる気がする。

お金と時間はあったが、もはやレーシックすら受けられる状態ではなかったのだ。

もう少し若ければ受けられたかもしれないが。

昨年の休暇の時に大好きだったモナカを北九州で買ってから食べさせてあげて良かった。

あれが最後の会話となった。

乗船の度に死を意識していたが、遂に来てしまったのだ。

でも、モナカを持って会いに行けたので良かった。


母方の祖母も亡くなった。

優しい人だった。

自分は長い間、関西に居なかったのでなかなか会うことが出来なかったが昨年なんとかして祖母と母親を合わせることが出来た。

遺産関係の揉め事やらなんやら色々あり親類間でとんでもないことになっていたが、なんとか突破して母親を合わせることが出来た。

親戚側も色々と良くしてくれた。

昔からお世話になっていたし、誕生日や正月に色々良くしてくれたのは彼方もそうだった。

僕から見たら悲しい出来事の連続だったけど、母親を昨年の秋に祖母に合わせて今年の春にも合わせる事が出来て良かった。

人間はいつか必ず死ぬが、死ぬ前に少しでも大切な人に合わせる機会もあった方が幸福度も違うと思う。

自分も亡くなったどちらからも生前、お世話になり今となっても色々と記憶している。


今年は昨年に引き続き、有名人や著名人も亡くなっている。


戦友のお母さんも昨年亡くなった。

生前よくパンを焼いて食べさせてくれた人だった。2005の冬にトラフグを送っておいて良かった。

最後まで自分の母親と良い友人で居てくれた数少ない良い人だった。

小学校の時に物凄く迷惑かけて色々と不愉快な思いをさせて悪かったと思ってます。

でも、今は少しマシになったと自負しているよ。


高校を卒業して一年半後には同じクラスだった男性一人が亡くなり、

大学卒業後8年近く経過した今では同じ学科だった筋骨隆々の男性が一人亡くなっている。

どちらも物凄く親しかったわけではないが、やはり驚きはする。

今でもあまり信じられない。

30年以上も生きていると徐々にこのように身の回りで訃報を聞くようになるのかと感じた瞬間でもあった。

2015,2016は本当に思うところが多かった。



生きていることは当たり前ではないし、大切な人といつまでも気楽に居られるわけでもない。

色々な意味でのチャンスは、実は本当に少ない。

そんなことを思いながら今年最後の一日を過ごそうかと思てるよ。

今後も大切な人には時間もお金も使っていこうかと思てるよ。