読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

寝る前の空腹と闘う 闘う50題

体力 体調 ダイエットン(豚) 教育 松山市の食事 神戸市の食事

昨夜も一昨夜もだが、23時辺りから近所かいい匂いがしたので空腹になってしまった。

その時間帯にテレビやネットで何かを見ていたとして夜中に「カツカレー」や「ラーメン」が出てきたら飯テロだという感じだ。

「カツカレー」は2年前のpsycho-pass2で後輩監視官が東金執行官の過去のデータを調べていた時に出てきた食べ物だが、

当時、オンタイムで視ていた視聴者にとってはかなりきつかったかと思う。

その位に飯テロは威力が大きい。

絶大だ。凄まじい。

ただ、
自分は歯を磨いて寝る意識を持ったらその考えは変えるつもりはないため、
容赦なく寝ることにしている。

数ヶ月前に神戸三宮で夜中の11時だったと思うが、
お酒を多少飲んだ後に気紛れでラーメン屋に入りチャーシュー麺を食べたことがあるが、

翌日の胃もたれや胸焼けが地獄だった。

糖尿病への近道だ。

煉獄のような午前中を過ごした記憶がいつまでも脳にあるため、
もうその誘惑には耐性があるのだ。

よって効かない。

それでも、夜中に美味しそうな匂いがしてきたら脳だけは少しだけ反応してしまう。

悲しいが今後もそんな誘惑と戦って生きていかなければならない。

ビールを飲んだらラーメンを食べたくなるという謎の法則があるが、

飲んだら飲んだでさっさと帰宅して寝るのが一番良いかと。

お酒自体のカロリーは大したことはないそうだ。

問題はそのお酒を飲むことによって誘発される食欲のせいで「食べたくなる物」なのだ。
食欲促進剤だ。

最後は割り切って寝るという根性論となるけど、それしかないでしょう。

対応は意外とシンプルなのだ。

広告を非表示にする