読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

気温の低下した秋の一日

雑記 松山市 松山市の食事 勉強関係 体調

今日は月曜日だが祝祭日に当たるため図書館に来てみたら予想通り開いていたので、こうしてインターネットにパソコンで触れることが出来ている。

家のモデムの通信速度が低下したため使えないのも一因だ。

ただ、時々太陽の光を浴びたり外の空気を吸うのは続けないといけない。

これらも身体の感覚を調整する大事な動きでもあると思うのだ。

今は本を読み込んでいたり家の中からあまり出たくない気持ちが強かったが、外に思い切って出てみると案外気持ちも簡単に切り替わる。

単純な脳や感覚の構造だなーなんて自分で呆れながら、そんなものなのだと自分を受け入れることにしている。

昼食はいつも行く高砂町の勝山協食でハンバーグ定食を選ぶことにした。

支払い時に驚いたのだが、大盛りにするとこのメニューだけ300円が上乗せされるらしい。初めて知ったが貼紙を見てみるとちゃんと記載してあった。

900円の昼飯代となったが、基本的に一日一食のスタイルなのであまり気にしていない。相当きつかったので寝るまで殆ど何も口にしないだろう。



今は来る某所で行われる職業訓練のSPI試験と自分で勝手にやっている高校数学の勉強で地味に忙しい。

テキストは本と違いパラパラ読むだけで頭に入るほど優しい内容でも記述でもないからじっくり見て考えるスタイルを要求されるのだ。

約一ヶ月前に大阪の梅田の某所であったパーティーでもしかしたら選択によっては今頃は沖縄県石垣島にいたのかもしれないが今回は行かなくて正解だったかも。

気持ちとしては行きたかったがなかなか難しい。(時間的に)

金銭的にはあまり問題は無かったのだけどね。


11月に出版される池田潤さんの「無愛想」の本、非常に楽しみにしています。

それまでに過去の4冊を読み込んで色々と考えてみようかと。

それにしても今月の3,4辺りに本当に気温がガクンと低下して驚いている。

8月下旬は気温が27,28℃辺りで落ち着いていたけど今の気温は少ししんどい。

8月の中頃は歩くだけで色々と難儀だったのが嘘みたいだ。

軽装で散歩していたのが少し前だが懐かしく感じる。

そんな秋の一日であった。

広告を非表示にする