読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

サイコハザード サイコパスは伝染する

ブログを書く動機や理由等 事件 人間関係 体調 家族 教育 環境 セキュリティ 価値観 犯罪対策 生き方

【社会】
「みんなに迷惑かけないよう殺した」
20年超続いたご近所トラブルの末の惨劇 
1千人が減刑嘆願した理由とは

今年の6月頃の少し古いニュースだけど、
読んでいて色々と思うところがあったので書いてみようと思った。

元々は痛いニュースを読んでいて知った内容であった。

時々このような事件のニュースを読んでいて思うのだが、
なんというか加害者とされる人が過去には被害者であり気の毒だなと思う点かな。

今の加害者は、
少し前までは加害者だった話なんてのも沢山ある筈だ。
今回のその具体例の一つ。

千葉地裁での裁判員裁判によると、
事件は昨年11月、人口約150人ほどの小さな集落で起きた。
被告のAと被害者のB氏は約40年来の隣人同士で約20年前にB氏がAに、
「生活排水が自宅に流れ込んできている」とクレームを付け始めたという。

法廷でAやAの妻が語ったところによると、
B氏は毎日のように、「40年分の迷惑料を払え」「土地を売ってでもカネを払え。
払えないなら俺の面倒を見ろ」などと押しかけてきた。
先端に鎌がついた長い棒を手に持っていることが多く、
脅迫じみた言動を振るうことも少なくなかった。


そもそも言っていることもおかしいし、
先端に鎌が付いた長い棒を持っておかしな目をしている人間の言うことなんざ普通の人は聞ける筈が無い。

この状況でおまわりさんを呼んだ方が良かったと思う。

流石に今回の事件の加害者も20年以上も長い間おかしな人間と関わっていると本人を鬼にするほどの悪影響があることを示してしまった。

アニメのpsycho-passサイコパスは伝染すると言っていたけど、

怒りや狂気が伝染した結果このようになってしまったということなんだろうか。

おかしな人間と長時間も関わっていると、
自分もやがて同じような人間に近づいてしまうということだろう。

家族の中に怒りが常の人間がいれば、
知らない間に自分に伝染している人も沢山居るのだろうな。


今回の事件の被害者の弟からですら絶縁されて、
加害者がかわいそうだという位だったからそういうことなんだろう。

このような事件を見ていると持ち家も危ないとも思う。

自分だったら面倒だと感じたらさっさとどこかに逃げるし。

そもそも長くおかしい人間と関わる理由も義理もない。 
自分は高校時代に人間関係で失敗しているから尚更だ。逃げた方が良かっただろう。

結局、今回の事件の加害者Aさんは千葉地裁から懲役9年の判決をもらうことになってしまった本当の被害者だろう。

76歳で懲役9年というのも惨い。

状況が状況だけにあまりにも惨い。

様々な場所で怒りや殺意というのは伝染するおそれがある。

平穏に暮らすためにもその事に少し気を向けて、
おかしなところから逃げる生き方も時々検討するのが安全だろう。

人からは良い影響しか受けたくないな。


人間関係の断捨離も結構大切だよね。
matome.naver.jp

広告を非表示にする