読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

松山市の勝山協食とのお別れ ライザップの前のアップ

体力 体調 松山市 雑記 松山市の食事

今日は松山市高砂町の所にある勝山協食で唐揚げ定食の大盛りを食べてきた。

通常は600円だが、おかずの大盛りにすると150円増しとなる。

量は半端ない。

だが、地元の看護専門学校生、愛媛大や松山大の学生からしたら神のようなお店なのかもしれない。

自分が本州で大学に在籍していた時でもこんなに安く、おいしい店はなかったのだ。

松山で過ごす学生が本当に羨ましい。

街中でもそこそこ選択肢もあり暇はあまりしないだろう。



今日は結局、白ご飯を多少残してしまい不完全燃焼であったが、これで一旦僕の協食ライフは終わりを告げる事になる。

10月に近い頃にライザップに参加せねばならないのだ。

多くの人に話してきて皆、口を揃えてリバウンドだの、プロテインを買わされるだのマイナスの情報がひっきりなしに入ってくるのだが、

そんなことにいちいち耳を傾けるわけにもいかない。

お金と時間は実はある。

後は、やる気と執念だ。

目標はfate アタラクシアの佳境に出てくる上半身裸のギルガメッシュみたいになることだ。

今は肩はそこそこ筋肉があるが腹がまあだらしない。

今年は海に行かなかったが、こんな腹を曝す位ならばいかない方がマシだったのだ。


今までの暴飲暴食はある意味、効果カロリー食とのお別れのための儀式のようなモノだった。

完全に実現することはやはり容易ではないが、挑戦する価値は大いにある筈だ。

周囲の者達もとやかく言う前に実践してから意見して欲しいものだが、なかなかどうしてこれは難しいことなのだろう。

広告を非表示にする