読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

夜は悪魔が支配する時間らしい

体力 体調 勉強関係 読書 雑記

最近、無駄に真夜中まで起きていて色々と損をしている。

損をしていると理解しているのに相変わらず自分の生活スタイルを改善出来ない。

なんとなく起きているパターンなのだが、これがかなりタチが悪い。

大体、2,3時までだらだら起きている。

いけないとは分かっているのだが、なんか目が覚めたままで。

スーパー銭湯に行った後だともう本当によく目が開いている。




ただ、夜は極力モノを書かないようにしている。

理数系の書くものは尚更だ。

佐藤優さんのどこかの著書で、夜は悪魔が支配する時間だという記事があったのだけど、

その記事の内容は読んでいて何故か納得がいった。

確かにネガティブなことは大体夜に思い浮かぶしね。

色々と思い返すと自分が恥ずかしくなる。

上記の記事を読んで考えてからは、それからというもの夜はせいぜい書類や本を読む程度に留めることにしている。

たまに書くことはあるけど、夜が悪魔タイムだと考えるといっそのこと読むことに集中して翌日に手をつける方が良いと思うのだ。

人間は基本的に昼間に生活するように体が設計されているからね。

僕がもしも屍鬼だったら夜に色々やるのだろうが、そうではないから昼に書きモノは集中させる。

夜にすることは翌日の昼にする事の下準備だね。

広告を非表示にする