読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

絶望している小中学生と高校生の方々へ

人間関係 体力 友人 教育 ブログを書く動機や理由等 人生の最適化 家族 犯罪対策 環境

夏休みが終わりあまり気が乗らないまま二学期を迎えてしまった小中高の学生達はどれほど存在するのだろうか?


中には自殺することも考えて今を何とか生きている子達もいるのかもしれない。

ギリギリの神経を抱えて。

いらいらしながら今の無情にも進んでいく授業を受けて今後の人生を漠然と考えている生徒もいるのかもしれない。

このブログを今を生きる小中高の学生達が読むことはあまりないだろうけど、

小中学生の段階であってこれ以上無理だと感じたら保健室通学か無理して通学する必要はない。

内申点に殺されるなんてバカらしいし自分の身は自分で守るしかない。

年齢、性別関係なく自分を幸せに出来るのは、実は自分だけなのだ。

自分で考えるというのはこういうことなのだ。

多少、情報の鮮度は落ちるが僕も良いと思ったので下に貼っておく。

しなくて良い苦労はしない方がいい。僕の様に失敗した一人の人間からのメッセージだ。

人生楽しまないと損だと思う。皆思っているいるが実際にやってみると困難だが。

自分の人生ルートがどんなものだろうが、
最終的には嫌でも自分が責任を負わされる結果になる。

高校生の場合はこれ以上在籍したらヤバいという感触があれば退学して別の高校か大検を考えたっていい。

今後の自分の人生が間違いなく壊れる、
このまま無理に通学すれば大学受験どころじゃないと思えば、
人生を棒に振ると判断すれば答えは一つだ。

今の舞台に執着する必要なんてない。

自分が壊れないような人生を選択するのだ。

転校、大検、他にも色々と選択肢が眠っているのかもしれない。

通い続けたくない環境があるならば無理して通う理由なんてもはやない。

そんな事しても恋人なんて出来ないし、志望校に無事に合格できる保証なんてない。
人間、皆と同じ事をしている瞬間が本能的に安心してしまうのだが。


出来ればどの段階の学生でも早い内に自分自身と向き合い自分の希望や欲求、
悲しみや絶望の種等と向き合うべきだ。

生きていて違和感を感じる場合は大抵は気のせいではない。

嫌だなと感じる感情ほど正直なモノはない。

現状を誤魔化して先に進むと下手すると自分が犯罪者かそれ以上に悲惨な被害者になる可能性だってあるのだ。

小中高の学生達で今を生きていて自分の人生に違和感を不快感を感じてみたらなるべくしっかり調べてみた方がいい。

それは嫌がらせや虐め、他の何かまずいモノの種かもしれない。

具体的なモノは実はあなたしか知らない。

自分が出来る範囲でなるべく考えてみよう。

方法はなんだっていいんだ。

インターネットだって本だって今の時代は本当に充実している。

嘘を嘘と見抜けないと掲示板や溢れた情報は使いにくいが意外と活路は開ける筈だ。

絶望してはいけない。

もし自殺したい、何か悪い事をやらかしたいと考えるなら実行するのは一年後にしたらいいんだ。

一年後には自分の体内の細胞が殆ど入れ替わりもしかしたらあなたの気が変わっているのかもしれない。

細胞が殆ど入れ替わっているのは本当だ。

心の中は、、、、、、今のあなた次第だ。

自分を幸せに出来るのも自分次第なのだ。

人を変える事は困難だが、まだ自分だけなら努力のしようがある。
どこかに解決の糸口が転がっている筈なのだ。

人間、明日に希望があると信じられるから明日をまともな神経で生きることができる。

そんな人生の方が楽しいかと思う。


楽しくないことが当然だと考えても誰も幸せにはならない。

広告を非表示にする