読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

お金の貸し借りは苦手なんです。 少し怖いかな。

お金 人間関係

今日また知り合いからお金を貸してほしいと言われていくらか送金した。

この間は別件で貸した形になり、少しばかり増えてしまった。

以前、お金を貸してちゃんと帰ってきたこともあり信用はしているのだけれど正直、あまりお金の貸し借りはどちらもしたくない。

僕がお金を貸して明日、明後日に帰ってくることがわかりきっていたらもっと精神衛生上よろしいのだろうけど、

今だと割と時間が経過してからお金が返ってくることになるのでこちらが色々と神経を使うことになるのだ。

自分がお金の貸し借りに慣れていないというのもあるのだけど、お金の貸し借りはいろいろな問題の入り口になりかねないので警戒したい。

最近のニュースを見ていてお金の貸し借りが背景にある事件が意外に多いように思う。

現在の不景気も相まってお金に困っている人も多いのだろうけど、事件に巻き込まれる確率を下げたいのならやはりお金の貸し借りはなるべく避けたいところである。

特にお金を貸した方が酷い目、最悪殺される事件も続いているのでしっかりと考えないといけない。

物欲をある程度捨て去ることが第一歩だけど、なかなか難しい。


そういえば、学生時代に知り合い二人に100円だか、200円だか貸した覚えがあるけど未だに帰ってきていない。

たかが数百円なのだけどね。

片方とは絶縁したし。(ラインで見つけたけど直ぐにブロックしました。)



不思議とお金というのは貸した方はいつまでも覚えているということがあります。 そう考えるのは私だけでしょうか?

両親も似たようなことを言っていたなあ。

次回、お金が無事に帰ってきたらまた記事を書こうかと思います。

広告を非表示にする