読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな海の話をしよう

以前は船員をしていました。今後は陸上で時間をうまく使って生きていこうと考えております。

書籍のサイズも内容の定着度に大きく影響する

本を色々読んできた。ただ、読んだ事実だけが残る本もあったので時々それを思い出して空しくなることも多い。本を読む際に大体、本の中身というか時に難易度や自分自身の到達レベルを気にすることも多いと思うのだけど、最近感じたのは「書籍のサイズ」につ…

スマホをやめて読書しよう

インターネットの情報は皆がだらだら接して見ていることが多いし、今の時代だと希少価値があまりないので自ずと書籍の方に価値が出てくると思う。知の差別化を図るには皆と同じソースばかりに触れていてはダメだということ。インターネットが全てではないし…

今更ながら化学の勉強

他にすることや考えることも多いため、テキストを齧る程度になるかもしれない。受験生時代は数学が完成しないと理科に手を付けることがあかん的な考えがあったので、実はあまり理科をガチで勉強出来なかった辛い過去がある。今あるのは多少基礎的なことでも…

先が見えなくても進み続ける人

ike-jun.jp 北方謙三氏のことはこのブログで読むまでは名前しか知らなかった。知っていても今では殆ど小説を読むこともなかったのでそのまま生きていればその人の人生の一部を知ることなく死んでいったと思う。まだ本人が言った訳ではないが、売れていない間…

能動的な読書からの実り

読書をするのにも今の時代に沢山の本を読もうとするのはもう考えない方が良いのかもしれない。自分の場合は母親が本を読みなさいということでうるさかったのだが、案外それが脳にこびりついて今も邪魔をしているのではと思っている。結構うっとおしかったと…

紙の本と格闘してからインターネットに向かう

プールのサウナルームで座っている時に二人のおじさんが話していた。最近だとLINEやメールばかり使っているから、久し振りに紙に漢字を書こうとした時に書けなかったと。見たところ40代に見えたが、遂に大人でもそのような人が出てきたかと思った。LINEやメ…

所持している英語のテキストについて

イングリッシュモンスターの菊池さんのことを2011に知ってから時々今でも氏の本を読んで楽しんでいる。最初から半分までの内容が東北地方で生活していた時の内容だが、そちらの方が遥かに此方の関心が向いていた。ただ、元々の学歴が北海道大学の文系学部を…

思考の断捨離

自分の中で考えなくて良いと判断したらそうしたらいいと思う。 ある人から言われたのは40代にもなって自動車の種類とか知らない方がおかしいと聞かされたが、別に家にも車にも興味ないなら無理して触れる必要もないし、少し知る程度でも良いと思うのだ。あま…

Webクリエイターエキスパート試験と海技士二級筆記試験(航海)を突破した感想

先月の1月27日の夕方にあったwebクリエイターエキスパート試験の件だが今週の講義の中で一応全員合格していたと連絡を頂いた。自分は実力が、知識が底辺だと自覚していたのでまあ合格点すれすれだろうと思っていたのだがそうではなかったようだ。試験が近づ…

ブログを書ける内に書いておきたい病

昨日、今日と実は何かに追われているのか分からないのに焦っている。昨日は西暦が変わるという日だったので12月分ガーと勝手に慌てていた。また松山市の自宅に戻れば家でインターネットを自在に使えない環境になるからであろう。ネタが思い浮かんでもメモを…

インターネットは副教材

漠然と高校、大学時代に感じていたことなのだが実はインターネットは万能ではないし、 世の中の全てが収まっている宝庫でもない。こんなにSNSやスマホが普及していても、 紙の本や実体験からしか学べない事にはインターネットは勝てない。厳密にいえば、 イ…

ブログを書きやすくするための環境整備

11月に入り職業訓練に通い始めてからブログの更新頻度が落ちていた。12月も同様であったが。ブログを書くネタというのはまあ、自分の事でも外出先や仕事場でも意外と簡単に見つかるのでそんなに探すのは困らない。 ただ、今住んでいる部屋にインターネットを…

振り返ってみた2016-4つ目-生まれて初めての失業保険、無職生活

別に誰でも出来る生活なのだけどね。ただ、金銭的な扱いの出来るハローワークに行き色々調べて手続きするだけだから。分からない事は何でもハローワークに尋ねまくっていい。うざがられるかもしれないが、聞かないと分からないこともやはりある。民間じゃな…

ループする秋の日々

昨日、今日と相変わらず家の机でしょうもない本と睨めっこをしていた。昨夜寝る時間を多少早くするように意識をしたためか、今日は割りと早く目が覚めることが出来た。朝の方が確かに頭が冴えて本を読むのも書くのも向いているように思える。今日は少し得し…

情報の取り方って大切だなあといつも思う

一昨日は職業訓練の説明会を、 今日はいつもお世話になっているサポステでいつもの進路相談をしてきた。職業訓練の事はニート?のphaさんの本を読んでいる内に関心が出てきたことだ。サポステの件は、 彼女が本州でお世話になっているのを聞いてそこから自分…

理数系科目をノートに書く時は気楽にやろう

理数系科目と言ってもまあそのままです。数学、物理、化学、生物の計算問題とかですかね。最近、中学数学の計算や図形の求値問題だけひたすら不要なノートに書いて解いていた。現役時でもこんなことすらやっていなかった気がする。 モノを書く時に一番気にす…

まとまった時間を時々取れる時に読書が有効なのだろうか?

今年の8月までは何故だか狂ったように気になった本を色々な本屋で買い、読み漁っていたように思う。仕事から解放されたから純粋に読みたいという気持ちに駆られたのかもしれない。因みに自分が徐々に読書をするようになって来た時期は、2003の冬であった。セ…

松山市の県立図書館の使い方(自分の範囲)

雨が降る日と月曜日は図書館に行かないことにしている。 毎日同じ場所に行くと飽きるという考えと雨の日は紙類をカバーしていても濡れることがあるためだ。今は今月のネットモデムが切れてしまっているため、 ほぼ毎日を図書館のパソコンにお願いしている。 …

夜は悪魔が支配する時間らしい

最近、無駄に真夜中まで起きていて色々と損をしている。損をしていると理解しているのに相変わらず自分の生活スタイルを改善出来ない。なんとなく起きているパターンなのだが、これがかなりタチが悪い。大体、2,3時までだらだら起きている。いけないとは分か…

あって良かった昨年の鎌倉市図書館のツイート

学校死ぬほどつらい子は図書館へ… 司書のツイート拡散つぶやいたのは、市中央図書館司書の河合真帆さん(44)。 9月1日に子どもの自殺が突出して多いとの報道を読み、図書館学を学ぶ中で知ったことを思い出した。 このツイートは丁度、今頃の時期に読ん…

最後は自分の目で見て、納得して本を買いたい

参考書や問題集と今の時代、無数に存在する。大学受験用や大学生用等、本当に沢山存在する。自分が購入して使用する場合に自分が足りていない情報が入っているだとか、演習用だとかその本自体の目的がはっきりしているものを選ぶのが良いと思う。それを納得…

非進学校の生徒達はどこまで闘えるか?

時間を持て余している高校生、特に一年生は今の内に英語と数学を勉強しておいた方がいい。 夏休みにだらだらバイトか古本屋やネカフェ、ネット上のなんらかのコンテンツに入り浸っているのなら、年末までに数学ならⅢの教科書レベルか入試基礎レベルまでは潰…

教材と副教材の存在

今となっては物凄く疑問に思うのだけど、中高時代に教科書とワークの組み合わせで使用させられていたのだが、100人生徒が居るとして、全員がその教材と相性が良かったのか非常に疑問であったし、使いこなせたのかが疑問だった。 しかも、数学の場合は高校時…

今更、数学やり直しています。

最近、何を思ったか中学数学の中高一貫校で使っているとされる教科書を読んでいる。数研出版なのだけどね。2011に出た本だ。幾何の分野は証明問題は読むだけにとどめ、求値問題と平面、空間図形の性質の把握にとどめている。数と式や関数の基礎は概要と例題…

当分、本は買わずに消化しまっせ。 本屋さんすみません。

今年の3/30にとある事情で下船し、それ以降の特に4月から6月にかけて気付いたら本を買い漁っていたのだが、あまりにも所持していると今度は本を集めると言う事が目的になるのではないかと懸念し、一旦買うの止めました。本屋さん、特に松山市と神戸市のジュ…

紙の本にも適度に触れておきたい。

今年の四月辺りから本をよく買っている。自分の部屋の本棚に収まりきらない状態になってしまった。決して誰かにその本棚を見せたいだとか、自分で眺めて妙な充実感を味わいたいとかを考えているわけではない。家でじっくり読みたいと思ったから色々と買い漁…

レーシックに関心があるのなら色々と調べた方が良い。

自分は2006年の3月半ばにバイト代を貯めて東京の品川近視クリニックへ行き、合計26万円で目を治した。近視と乱視が進行し、精神的にも耐えられなくなり実生活で色々と弊害が出てきたためだ。もう耐えられなかったのだ。家族を含め周囲から色々と言われたが、…

屍鬼、是非とも実写化して欲しい!!  頼む。

連続採血を受けてフラフラしている中でふと思い出したのだが、屍鬼が実写化することはないのだろうか? 漫画事態は2009年頃からあるのは知っていたが、本格的に読んだのは2010年にSQでかなみの母親がとろけかけたシーンが収録されていた秋の号であった。芦屋…

本は勧めずに内容を軽く話す程度にする方がいいのかもしれない。

人に本は勧められない。 この間、彼女から宮部みゆきさんの小説おそろしを読んでみたらと借りたのだが、僕はあまり小説を普段から読まないのと、借りて本州から四国へ持ち帰ってもどうしてもいつまでたっても読まないので無理に読まずに返した。小説にしろ評…

大切なのは再開するのがいつか。 やめないこと。

昨日は昼間は福岡市に行き、夕方には北九州小倉からフェリーに乗船していたのだけど、 移動しているとやはりブログを書くというのが難しいと感じた。実際、ただ文字を打ち込むというのはできるのだけど自分の感じたことや普段、思うところを書きたいので簡単…

僕は基本的な日本語も危うかった。 今も心配だ。

今振り返ると僕が読書を割としだしたのは、2003年の大学受験時のセンター試験が終わって浪人した時だと思う。評論や小説でまず、何を聞かれているのかが全く分からないどころか、基本的な語彙すらなかったのだ。そして、一番まずいのは自分にその自覚すらな…